MicroBot Push 2/4 – Prota Piのインストール

MicroBot Pushを外から操作する為に、インターネットとのハブの役割をするProta OSをRaspberry Piへインストールします。

Prota OSとは

MicroBot Pushは単体だと、スマホから専用ソフトでBluetoothを介して制御ができます。

インターネットから制御を行うには、Prota OSがインストールされたハブ機器が必要となります。

選択肢として、本家Naran社から販売している「Prota S」を購入するか、自分で用意したRaspberry Piに公開されているProta OSをインストールする方法があります。

Prota Sは制御できるMicroBotの数が多いなどの利点がありますが、そこそこの値段がします。

今回はProta OSを自前でインストールする方法でやってみます。Raspberry Pi Zero Wにもいけますので、お安く構築できます。対応状況はこちら。


用意するもの


Prota OSをSDカードに書き込む

こちらからProta OSをダウンロード

SDカードにイメージを書き込む(このまま実行したら危険なのでよく確認してください)

SDカードのデバイスを確認
$ diskutil list

アンマウントする
$ diskutil unmountDisk /dev/disk2

書き込む
$ sudo dd if=protapi_official_0_21_17112817.img of=/dev/rdisk2 bs=1m

 


起動する

焼いたSDカードをセットし、電源を挿してしばらく待ちます

raspberrypi_zero_w


Android or iPhoneのアプリからセットアップを進める

今回はBeta版を使ってみます。

prota1

右のプロタパイを選択します。

prota2

ポイント

  • Raspberry Pi Zero WなのでWiFiは2Gを選択すること
  • セットアップ画面が進まなくても気長に待つこと
  • どうしても画面が進まない時は一旦アプリを終了させて再度開くと進むかも

登録されたProta Piにログインする

Beta版のためか、画面が思うように進まない事が多々ありますが、一旦終了させる、もう一度押すなどすると進む事が多いです。

prota_setup

次回は MicroBot Pushを登録します

 

“MicroBot Push 2/4 – Prota Piのインストール” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。