ゲーミングPC on Google Cloud Platform

Google Cloud PlatformのCompute Engine(GCE)ではTesla T4を利用したマシンが利用できると知ったので、ここでもPCゲームのDivision2をインストールしてプレイしてみました。

どうっすか?

T4の利用は2018年からできたそうですが、なぜもっと早くGCPで試さなかったのかと思ったくらい快適でした。

以下のマシンで試してみました。

マシンタイプ:n1-standard-8(vCPU x 8、メモリ 30 GB)
GPU:1 x NVIDIA Tesla T4 Virtual Workstation
ディスク:C:50GB, D:500GB (どちらも標準ディスク)

Divisoin2
スマホで撮りました。iMacでプレイしています。

料金は?

AWSで言うところのスポットインスタンスに似た「プリエンプティブ」方式で利用すると、以下のような価格になるそうです。

1時間あたり約$1、これに通信費として1時間あたり$0.5くらいでしょうか。

今後は

GCPは使ったばかりなのでよくわからない事も多いですが、なかなか好きになりました。
基本的に利用料金は、最初の1分を過ぎるとWindowsでも1秒課金というのは非常にありがたいです。環境を手探りで構築していると、なんどもStop/Startが発生するので、大変助かります。

登録初回は30,000円分のお試しクレジットも貰えましたので、しばらくはGCPで色々いじってみたいと思います。

ひとまずゲームが動作するところまで出来ましたが、事前に上限緩和申請を行わないとならないなど、初めてという事で色々ハマりました。

手順も近々まとめようと思います。